閉じる

現場リポート

ホーム 現場リポート

坂井市 T邸 外壁工事

R0021445.JPG

金属サイディングを貼りました。

 

R0019426.JPG R0019886.JPG

以前は窯業系サイデイングで仕上がっていました。
横張り仕様で、貼り合わせの部分等が欠けたり色あせていました。

今回は金属サイディングを上張りして改装します。

R0019891.JPG

まずは外壁を上張りするので、既設のアルミ製のベランダを撤去します。
外壁に付属する機器はエアコンの室外機も含めて一度撤去します。

R0019995.JPG

ベランダや機器をを撤去した後は、家全体に足場を組みます。

R0019996.JPG DSCN0694.JPG

続いて、金属サイデイングを貼る為の木下地を全面に組んでいきます。
この下地がうまく出来ていないと、金属サイディングが浮いてきたりします。

R0020022.JPG R0020021.JPG

特に窓廻りは重要です!!
雨水の浸入をしっかり防がなくてはいけません!!

下地が縦列している部分はサイディングのジョイント(組み合わせ)部分です。

R0020023.JPG R0020024.JPG

木下地が終了すると、いよいよ金属サイディングを貼って行きます。

ただ貼っていくのではなく、家の壁の面積や高さに外壁の模様を合わせて貼ります。
この貼り方が雑だと、変な場所に外壁の目地のラインが入ったり、デザインが揃わなかったり
します。

また金属サイディングの他にはアルミサイディングがあるのですが、金属サイディングの場合は、
切断面の加工を注意しないとアルミと違い、錆が発生します。
簡単施工で人気ですが、施工方法を間違えると長持ちしません!!
注意しましょう!!

R0020037.JPG R0020039.JPG R0020040.JPG

続いて、障害となる電気温水器を脱着します。
給湯器はお客様がお湯が使える様に、すぐ外壁を貼って戻せるようにします。
リフォームは工事中、お客様が安心して過ごせる様に出来ることが重要ですね!!

電気温水器の場合は、ガス給湯器や灯油ボイラーと違い、外壁との隙間があり
はずさなくても貼れる場合がありますが、しっかり木下地をしてサイディングを釘で
止めないと、夏場や暑い時期に金属サイディングが膨張してくる場合があります。
この辺の見えない施工部分も気を付けなければいけません。

R0020159.JPG R0020162.JPG

全体にサイディングを貼り合えたら、軒天や破風板等の塗装を仕上げていきます。
こういうタイミングでやっておけば、限界に来た時に塗装の為だけに足場を組なくても良い
事もあり、総合的に費用は安く済みます。

R0020163.JPG R0020164.JPG

塗装工事が終わりましたら、最終施工段階である外壁のコーキング打設をします。
窓廻りを中心にしっかり雨水から守っていきます。

R0020215.JPG R0020208.JPG 

R0021423.JPG R0021422.JPG

全ての工事が終了して、完成です!!

ベランダも元通りに納めて、家全体が明るくなりました!!

今回の外壁材は、KMEWの春一番で、長石柄Ⅲを選択しました。
金属サイディングは窯業サイディングと違い、デザインによっては見た目が軽くなる事も
有りますが、この柄はずっしりとして石張りのデザインが強調しているので見劣りしません!!

金属サイディングは断熱効果があるので綺麗になるだけではなく、家全体を守る役目もあります。

施工日数は約10日~2週間です。

お客様も大変喜んでくれました!!家に帰る楽しみが増えますね!!

是非皆様もお考え下さい!!

 

2010.09.10 13:45:41

↑ Page Top

福井市 A邸 トイレリフォーム

R0017713.JPG

1坪タイプのトイレを改装しました。

R0017260.JPG  R0017253.JPG  R0017248.JPG

以前は小便器と洋便器が壁で間仕切られて並んでいました。
その為、小便器の横から扉を開けて洋便器に行くという導線で
洋便器も座ると前が圧迫されていてとても使いずらい状況でした。

さらに入口横には収納スペースがあり、その収納スペースが洋便器を
圧迫させる原因でした。

1坪の大きさの中に間仕切壁が立ち並び、開き扉が2つ隣接されていました。

R0017606.JPG  R0017608.JPG

まずは間仕切壁を全て撤去して、床タイルもはつって行きます。

R0017614.JPG  R0017616.JPG

次に給排水と便器用のコンセント配線を設置していきます。

今回は3方向がブロック下地でタイルが貼られている為、タイルをそのまま
使用して行きます。

R0017645.JPG  R0017649.JPG

土間コンクリートを仕上げて、廊下側の壁を撤去します。
床下の換気が取れる様に廊下側との間仕切り基礎に換気口を設けます。
強度的にはなんら問題は有りません。

R0017650.JPG  R0017656.JPG  R0017658.JPG

続いて大工で床下地を組んで行きます。
土台を支える束は鋼製束といい耐食性が良いスチール製の束を使用しました。
床を伏せる前に防腐剤を下地に塗っていきます。

R0017661.JPG  R0017663.JPG

防腐剤が乾いたら床の断熱材を敷き込み、ベニヤを二重貼りします。

R0017665.JPG  R0017668.JPG

タイル壁には同縁で壁下地をして行き、ドア枠も組み立てて行きます。

R0017674.JPG  R0017675.JPG

右側の壁には手洗いカウンターが付くので、
同縁の間に補強の構造用合板を入れて、水に強い耐水ボードの壁下地材を
貼って行きます。

左側の壁には便器横に手摺や紙巻器等が何処でもつけれるように12mmの
ベニヤを貼って行きます。

R0017689.JPG

大工作業が終わったら天井、壁にクロスを貼ります。
床は水に強いクッションフロアを貼ります。
色は廊下の床材に合わせました。

R0017690.JPG  R0017705.JPG

最後に便器や手洗い器付きの収納カウンターを付けて行きます。
器具付けの時に床や壁に傷が付かないように養生して注意して作業を行ないます。

R0017715.JPG

いよいよ完成!!

とてもゆったりとしたスペースのトイレに仕上がりました!!

便器はTOTOのネオレストハイブリットを採用。
節水効果が抜群でタンクの形もシンプルなので掃除もし易く、
汚れも付きにくい商品なのでとても人気が有ります!!

R0017709.JPG  R0017716.JPG

手洗い器付カウンターは下部が端から端まで収納になっていて、トイレットペーパーや
掃除用具や生理用品まで全て収納できます。
左側の扉はスライド式になっていて例え便器がそばにあっても開き易く設計されています。

カウンターには小物やお花など飾るときれいですね!!

R0017718.JPG  R0017717.JPG

トイレの入口扉は以前は開き戸でしたが、片引き戸に変えて段差もなくなりました。
扉の上部には廊下に少しでも外からの光りが入るように灯り窓を設置しました。
トイレに入っている事も分かって一石二鳥ですね!!

お客様も「広くてとても使い易くなった」ととても喜んで頂きました。

トイレは1番使用する所なのでストレスが溜まるような場所ではいけません。
浴室と同じで、ゆったりと落ち着ける空間が必要ですね!!

 

 

 

 

2009.11.28 13:37:02

↑ Page Top

福井市 A邸 トイレリフォーム

R0016327.JPG

洋式便器ひとつにまとめました。

 

R0015992.JPG R0015993.JPG

もともとは手前に洋式便器があり、奥に和式便器がありました。
便器も新しく変えてトイレ内のスペースも有効に使いたいという
ご要望でした。

R0016220.JPG R0016222.JPG

まずは塗り壁やタイル壁を撤去して、床の土間コンクリートも
全て取り除きます。

次に配管を新しい便器の設置場所にあわせて施工していきます。

R0016225.JPG R0016255.JPG

給排水の配管を施工後、土間コンクリートを打って土間を水平にします。

R0016267.JPG R0016285.JPG R0016292.JPG

続いて大工工事で天井、壁、床の下地を組んで行きます。
断熱材もしっかり充鎮しました。

R0016293.JPG R0016313.JPG

横壁は全て柱を隠して、ベニヤ貼りにしました。
天井、壁にはクロスを貼って、床は水に強いクッションフロアを貼りました。

R0016314.JPG R0016316.JPG

最後に照明機器を設置してから、便器を取り付けます。

R0016327.JPG R0016329.JPG

便器はTOTOの「ピュアレストQR」を採用。
お手頃価格で節水効果は以前のよう便器と比べると60%削減。
約10,000円もお得です。
フチ無し形状で掃除もしやすくなっています。

また、トイレ内の奥行きもあることから、出幅の少ない手洗い器を布設しました。
手摺は紙巻き器付きでカウンターに手を付いても立ち上げれる程の
丈夫な商品です。
横壁は合板ベニヤで下地をしているので、今後手摺を追加する場合も
何処にでも設置できます。

入口にはもともとあった敷居も撤去してバリアフリーにしました。

以前よりもスペースも広くなって無駄なく使いやすいと喜んで頂きました!!

トイレはご家族の方が毎日頻繁に使用する所なので使いやすくて
掃除しやすいのが1番ですね!!

皆さんも節水効果も含めてリフォームしてみませんか!!

 


 

 

 

 

 

2009.09.07 13:32:16

↑ Page Top

Page Top